再生中古パッカー車・塵芥車
塗装の説明・流れと使用上の注意


    再生パッカー車


    塗装の説明と流れ


    1.車両入庫時に状態を確認し、補修すべき個所の確認を行います。


    塗装前の車両


    2.塗装前にバンパー、タイヤカバー(泥除け)等を取り外します。
    各部の取り外し


    3.車両の錆を落としてから、車両全体をサンドペーパーで擦り、下地剤(プライマリー・サーフ)で塗装します
    買取直販センター TRUCK123

    4.同様にバンパー・タイヤカバーも塗装します。
    買取直販センター TRUCK123


    5.指定の白色で塗装します。
    買取直販センター TRUCK123


    6.車両を新聞紙で基本的に養生します、ビーニールでは塗料を吸い込まず、ビニールについた塗装が剥がれてあちらこちらにつくからです。
    買取直販センター TRUCK123


    7.同時にシャーシも防腐塗装をシャーシブラックにて行います。塩害の強い地域で使用する場合は亜鉛含有塗料などを使用してから、上にシャーシブラックを塗装します。
    買取直販センター TRUCK123


    8.塗装は薄めに最低3回、指定の色を吹き付け塗装します。
    買取直販センター TRUCK123


    9.完成した車両、後方より
    完成写真2 TRUCK123


    10.完成した車両、前方より
    完成写真 TRUCK123

    パッカー車の維持管理

    エンジンのオイルは3000km毎に交換する。

    走行中は必ずPTOを切る、PTO故障の原因になります。

    グリスはモリブデングリスをガンで各部、レールに付けること。レールの摩耗を防止してください。

    プレスパッカーの投入部に、太い材木等の固いものは入れない事、投入部が破損します。

    エンジンの消耗部品は、ダイナモ・セルモーター・燃料ポンプそして冷却のための水ポンプ・サーモスタットがあります。
    冷却のための水ポンプ・サーモスタットはエンジンが破損する原因になりますので、10~15万km程度、使用頻度にもよりますが早めに交換をお勧めします。

    パッカーの油圧シリンダーのパッキンが劣化するとオイルがニジンできますので、速やかに交換をしてください、油圧の修理をしている所ならどこの店でも可能です。

    トラック・車の販売車両検索  車種別・カテゴリ別  車両の検索はコチラ!!

    グリスアップ TRUCK123

    激安中古タダノクレーン販売 大阪市
    神戸市 中古アイチ(AICHI)高所作業車販売・レンタル
    尼崎市 トラック修理・塗装
    関東 中古トラック・ダンプ販売車両検索
    羽曳野市 トラック・ダンプ・クレーン・高所作業車 買取・買取査定
    関西 中古高所作業車販売 ・レンタル

    有限会社フリーマーケット123

    中古トラック買取・販売
    〒576-0017 大阪府交野市星田北6-4345-2

    ③ 当社地図(YAHOO MAP)


    TEL:072 - 894 - 0020(9:00~20:00)
    FAX:072 - 894 - 0019
    E-MAIL:kume@truck123.co.jp
    ご質問等のお問い合わせは:090-3991-7101まで


    トラック123の各ページ一覧へ(リンクリスト)

このページ最上部へ

このページ最上部へ